村上豊彦、アンチエイジングを始めてみる

体も年を取るものですね。いつまでも若いと思っていたいのがこの私、村上豊彦です。外見の若さも重要なのですが、中身も大事です。体の中の健康も気にしなくてはいけない年齢だと感じます。皆さんも何か健康に気をつけていますか。体の中の健康を気にするのであれば、アンチエイジングがいいかなと考えています。普段の生活も見直しながら、今自分に出来る事を一生懸命やっていきたいなと感じています。若さは永遠ではありませんが、自分で気を付ける事は出来るはずですよね。

アンチエイジングに興味をもったきっかけ

見た目は仕方ないのかもしれませんが、若さは永遠ではありませんね。体力的な面でもサッカーをしているので人よりはあると思っていましたが年齢を重ねるとあまり関係がないのかなと感じます。食事も気をつけているのですが疲れてくると食べるよりも眠りたいと言う方向へ考えが行きますね。若い時は豚カツ、カツ丼などの脂っこいものが大好物でしたが、今はそういうのを食べて後に疲れが倍増する様になりました。体内ももしかして年をとるのではと思った瞬間、体内の衰えについて調べ始めました。何と驚きです、体内も皮膚などと同じ様に年とるそうです。そこで効果的なのは、アンチエイジングです。今の自分の為にも、そしてこれからの自分の為にも体のケアには心がけなくてはいけませんね。

アンチエイジングが楽しいと感じた瞬間

見た目の若さも手に入れたいのですが、一番は体の中の若さが気になります。アンチエイジングと言うのがあるのを知りましたが、皆さんはどんなものかご存知でしたか。実は私はずっと知らないできました。アンチエイジングをする理由として、体内もまた肌とかと同じ様に年を取るからだそうです。体内をきれいにする為に、どんな努力が必要なのでしょうか。まずは食事や運動、ストレスをためない生活を心がける事、ホルモンバランスが低下すると肌や体内の老化は進んでいってしまうので気をつけなくてはいけませんね。アンチエイジングに良い食事や運動などは自宅でも出来る事だと思うので、日頃から気を付ける事が大切だと感じます。食事も、食物繊維や栄養素が多く含まれているものを摂取するのがいいそうです。私はよく納豆を食べているのですが納豆はすごく老化予防に効果があるそうですよ。

若返りを求めてこれからも続けます

人の年齢は元に戻す事は出来ませんが、今の状態を保つ事は出来るかもしれません。完全に年を取るのを止めるのは難しいですが、肌や体内の健康などはアンチエイジングをする事でとても効果があると思います。食事は毎日、栄養が高くて消化のいいものを急いで食べるのではなくよく噛むことが重要です。生活面ではなるべくストレスをためないで、発散できる場所を見つけましょう。他にもアンチエイジングではする事が色々あります。出来る限りで良いのでなるべくやれる様に私は頑張っています。運動に関しては、最近はジョギングを始めました。もしかしたら若返るかもしれないという期待を持って続ける事が大切ですね。年を取って体に変化が起きるのは怖いですが、そこは認めるしかないのかもしれません。若くなるにはそれなりに努力が必要ですね。

まとめ

若さを保つために必要になってくるのはアンチエイジングだと思います。美容で外見の若さ、内面の若さを取り戻すには健康的な生活や食事だと考えられています。時間を取り戻すのは本当に無理な話ですが、これから生活習慣などを、気を付けることで若返りも期待できると思います。続ける事が一番効果的なので無理なくゆっくりでも良いのでアンチエイジングを続けていきたいと考えています。三日坊主にならないようにしないといけませんね。

おっさんと感じた瞬間、ありませんか?

最近疲れが抜けないせいか、腰も足も痛くなります。私はサッカーをしているのでどちらかというと足に自信があったのですが、仕事で座っているだけでも疲れてしまいます。困りました年齢のせいでしょうか。休みの日にはスポーツをしようかなと考えていても体が言うことを聞いてくれません。段々年齢を重ねると、やりたい事もやれなくなってしまっている気がします。いつまでも若いままでいたいと考えているので年取った何て自分では言いたくありませんね。

なんとなく、疲れが取れにくくなった

仕事が好きな訳ではないのですが、目の前に仕事があれば夢中で終わらせようとするのは皆さんも同じだと思います。夢中になってやっていると体が固まって立ち上がる時にきつくなります。前までは、そんな事がなかった気がします。やはり年齢でしょうか。いつまでも若いままだから大丈夫と言う気持ちが先にあるので、健康とかはあまり気にしないできてしまいました。でも体は正直ですね、痛いとか疲れとかはいつまでも残るようになりました。回復する方法が分からない状態ですね。よく休息をする事と言われても難しい気もします。疲労回復に効果的な食べ物を摂取して、何とか若さや健康を保ちたいですね。自分では認めたくはありませんが、おじさんと言われる年代になったのかもしれませんね。

立ち上がる時に「よいしょ」と言う

座っている仕事が多いので、足や腰に負担がかかりますね。つい座る時などに「よいしょ」とお決まりのセリフが出てしまいます。若い時はあまり言わなかった様に感じます。何故か「よいしょ」と言うと気持ちが楽になると言うか何か勢いで立ったり座ったりが出来る様に感じます。年齢を重ねたなと感じる発言かもしれませんが、若さは永遠ではないことを最近は身にしみて感じていますね。本当はあまり認めたくないのですが、おじさんになったなと感じるのはそういう時なのかもしれませんね。なるべく、「よいしょ」と言うのを止めようかなと思い少しだけ我慢してみましたが、思ったよりストレスになりました。実は「よいしょ」と言う言葉はストレス解消になっているのかもしれませんね。

おっさん臭いのか、猫が近寄ってくれない

仕事を終えて帰ってくると猫が出迎えてくれます。ただいまと元気に声をかけて頭を撫でようとしたその時です。ものすごい勢いで逃げて行きました。何故と感じましたがそれからもしばらく私には近寄ってきませんでした。その後、お風呂から上がると猫は普通に近くに寄ってきて私の膝の上に乗りました。さっきは何だったのだろうと感じましたが、その次の日も仕事から帰ると同じ態度をとられました。どうやら私の匂いが嫌みたいです。加齢臭と言うものでしょうか。あまり気にしていなかったのですが、疲れていると匂いが出るみたいでこれもまた年を取ったからですね。まさか猫が嫌がると思っていなかったのでショックです。猫の鼻は人の二倍以上に良いので私から出る微妙な匂いもキャッチする様です。ただ、すいませんしか言えませんがなるべく消臭効果のある制汗剤を使ってみようと思います。

まとめ

最近は自分の事をおじさんになったなと感じる事が何回かあります。疲れやすいのもそうですが、疲れが抜けないのも老化でしょうかね。おじさんなのはまだあります。足や腰が痛くて辛いですね。若いときはサッカーも、今以上にやっていたので体は柔らかかった様に思います。今は駄目です、回復能力も衰え疲れも寝て治る何ていうのは無理になってきました。年を取ったなと自分で決めるのは嫌いなので一生懸命誤魔化していますが体は正直ですね。

40歳でもまったりと!村上豊彦の独り言

村上豊彦もすっかり40代ですよ。サッカーとジョギングのおかげで見た目、体力共に若いよねと言われますが、正直疲れやすくなりました。常に眠いですし、久しぶりにサッカーをしてみるとどっと疲れてしまい次の日まで疲労感が残りました。自分では常に鍛えているつもりと考えていましたが本来はそんな事なかったのだと改めて痛感しました。皆さんはどうですか、40代になって何か変わった事はありますか。他にも年だなと思った事をご紹介致します。

40歳になると歳をとった感じがします

大学生の頃が懐かしく思えますが、もうすっかりおじさんです。40代になった自分を想像してもいませんでしたが、結構体はきついですね。正直、どんな風に歳をとるかを考えた事もありましたが年齢を重ねると意外とこんな感じかと思ってしまいます。ですが、最近の40代は若いですよ、私が言うのも変な話ですが友人も同じように年齢を重ねていますが一緒にいても学生の頃と何も変わりがありません。今でもサッカーをしてジョギングもしているので他の40代の人よりは若いとは言われます。見た目も確かに若いとは言われますが唯一、疲れやすくはなりました。これは、運動不足とは違い年齢の問題な気がします。寝ても疲れがとれない日も増えてきました。栄養剤とかで疲労を取るよりも食事で疲労物質を取り除きたいと考えています。

最近の社会のニュースで感じたこと

最近のニュースを見ると怖いニュースが多いです。特に高齢者ドライバーに関してはいつどこで自分も同じような事故に巻き込まれるのか分からないですよね。シルバーマークや運転手さんが高齢そうに見えると、失礼ですが怖くなります。なるべくなら近くを走らないで欲しいと思うようになっていますね。免許を返納しても、生活に支障の出ない様にしてあげれば無理して高齢の方が運転しなくて済むのではないでしょうか。国もこれ以上の犠牲を増やさないためにも動いてほしいですよね。車がスピードをあげて突っ込んでくる映像を見てしまうと問題があります。アクセルとブレーキを間違える、そのせいで大切な命が奪われる。免許も年齢制限を決めるべきだと思いますね。

おっさんながら、将来について心配しております

これからの事は心配にはなります。就職活動をしていると、ちゃんとした会社に勤めないと将来がないような気がしてしまいます。会社の待遇や給与が安定していて、長く続けられる所を探しています。自分の理想を考えると安定した給与があって、賞与がきちんとあるところがいいですね。将来の夢は家を買って猫と犬を飼って、結婚して家族を持つという普通の夢です。誰もが叶う夢なのですが、最近は会社の不景気などもありその夢さえも叶えるのが難しくなります。お金を貯める事に集中して働いてもいいのですが、仕事ばかりにはなりたくはないので、やはり趣味には使ってしまいますね。早くきちんとした就職先を見つけてこれからの事を本格的に考えたいですね。

まとめ

就職活動とかをしていると、完全に社会から離れている気分になります。将来、結婚して家族を持って犬や猫と一緒に暮らしたいという普通の夢ですら叶えられるか不安になります。いい会社に勤めないと給料や賞与、待遇なども安定している事が条件になります。先の事を考えると暗い気持ちにはなりますが、落ち込んでいても仕方がないですよね。きちんとした会社に就職して、将来設計をきちんとしたいですね。それでも、今の社会には不安はありますが、まずは自分がしっかりしなくてはと思います。

村上豊彦と猫と日常

猫は私たちがいないとき家で何をしているのか、気になった事はありませんか。前に出かけている時の猫の様子を録画したことがあるのですが、結果、自分のお気に入りの場所から全く動かないでずっと寝ていました。本当に寝るのが好きなのですね。でも本当は、暴れている姿を期待していたのですが我が家の猫は大人でした。ずっと寝ている姿を録画してしまった虚しさだけが残りましたね。でも、本当は猫も撮られているのを知っていて猫を被っていた可能性もあるかもしれませんね。

猫は家で何をしている?村上豊彦が暴く

村上豊彦の実家にいる猫の話なのですが、私たちが家を留守にしている間は何をしているのか気になってちょっとビデオを撮ってみました。やはり、猫を飼っている人は皆が気になるみたいです、誰もいない時の猫の行動を村上豊彦が暴いてみせます。探偵みたいな気分で録画をした映像を確認しましたが、期待外れでした。と言うのも、私たちがいない時の実家の猫達は自分のお気に入りの場所で寝ていました。なので、何時間も動かないままの猫の姿が映し出されているだけでした。猫は何時間でも寝ていますね、ちなみにですが私の知り合いの猫でも同じように録画をした所、どうやら暴れまくって最終的には新聞紙をボロボロにしていたそうです。猫の性格にもよるのだと思います。気になっている人は一度録画してみてはいかがでしょうか。

野良猫の集会を突撃するのが好きです

野良猫の集会は本当にあると思いますか。私はあると思います。しかも、その集会に入り込んだことがあります。偶然だったのですが、自宅近くのお寺に猫が、何匹がいて可愛くて写真を撮っていたのですが段々暗くなってしまい帰ろうとしたその時、周りを見渡すと十匹以上の猫に囲まれていました。嬉しいようなちょっと怖いような気がしましたが失礼しますと言う感じに帰る事にしました。その後、猫たちは何をしていたのかはわかりませんが何となく集会だったのかなと感じます。あのお寺は猫にとっては集まる場所なのだと感じます。本当だったら一緒に参加したいぐらいですが、野良猫の生活の場を壊すのはいけない事だと感じ帰る事にしました。集会に突撃出来たらいいのですが難しいですね。

時にはアンニュイな気分になることも・・・

いつも、プラス思考で周りからも明るいよねとか元気だよねと言われることの多い村上豊彦はたまにはアンニュイな気分になることもあるのですよ。とは言っても、皆には冗談だと思われます。私の事を知っているのか知らないのかよく分かりませんが、人間ですからね、時にはありますよ。ちなみにアンニュイと言う意味は、いつもはやる気満々でも元気がないと言う状態です。いつでもテンションが高かったら逆に怖いと思うのですが、皆が私の事をいつでも元気そうに見えていたのは驚きましたな。私はどちらかというと大人しい性格なのでそんな風に思われていたのはちょっと意外でした。アンニュイになっている時にいつもと違うから心配してくれる人が居るのもありがたいですね。

まとめ

猫がよく集会をするという話を聞いた事はありませんか。実際にある話かもしれません。何故なら私はその集会場所にいたかもしれないのです。自宅近くのお寺に最初は数匹だったのに気がついたら十匹以上になっていて少し驚きました。野良猫の写真はなかなか撮れなくて、珍しく逃げない野良猫がいたので写真を撮らせてもらっていました。もしかしたら集会の場所だったから、行くに行けなかったのかもしれませんね。ずっと居たかったのですが、流石に囲まれていたので迷惑かなと思い帰りました。

たまには1日中猫カフェにいたい

就職活動も何もしないで、本当はずっと猫カフェにいたくなります。猫と一緒にいると疲れが癒されますね。本当はずっといたくても料金がかかってしまうのでそこは厳しい話です。猫カフェの猫は、なかなかの営業上手で帰ろうとすると、もう帰るのという顔をします。可愛いです。若い猫はたくさん遊ぶ事が出来るので、猫とふれあいたい人には大変いい場所だと思います。他にも猫カフェはどんなサービスがあるか確認してみましょう。

猫カフェは案外お金がかかるもの

大学の頃から、猫カフェに通い続けていましたが結構お金が掛かります。バイトもしていましたが毎回通うのには少々大変です。それでも猫カフェには魅力を感じます。大好きな猫に会いたいので少しの時間でも行ってしまいます。猫カフェの料金は猫達の管理費にもなるので高いのは仕方がないと思っています。猫が好きな人が増えた事もあり、猫カフェは結構人気があります。料金はやすい訳ではないので、行くペースなどもよく考えて計画を立てて行くようにしています。本当は毎日でも行きたいのですがそれは難しいと最近改めて感じます。学生の頃はお金の使い方を間違えていましたが、社会に出るとお金を無駄に使いたいと思えなくなります。勿論、猫カフェは私にとって無駄なお金の使い方ではありませんが他にも色々なことにお金が必要になってくるので、上手にお金を使いたいと今は考えています。

猫カフェも進化し続けているから面白い

時間があれば猫カフェに行ってしまうような生活をしているのですが、最近の猫カフェは進化していますよ。お客様を呼ぶために色々なサービスを増やしているみたいです。私は今まで通りでも何も問題はないのですが、最近は飼っている猫の相談ができる、ペットホテルがついているカフェもあります。大変な気もしますが経営上仕方がないのでしょうか。猫を飼っている人からすると地域にそういう施設があると安心しますよね。猫にとってはホテルに預けられるのは不安で怖くて辛い出来事だと思いますが飼い主はペットの事を思ってと言うことなのでしょうね。友人も猫をペットホテルへ泊めた事があるそうですが、帰ってきた猫は捨てられたと勘違いして怒っていたそうです。

猫カフェのために貯金をがんばろう

最近、実は猫カフェに行き過ぎてしまいお金を結構つかってしまいました。大ピンチです。猫カフェの料金設定は、いる時間での料金になります。なので、長くいればいるほど高くなってしまいます。一日居ることもできるのですが、それを毎回続けていると結構な金額になってしまいます。一回いると、ずっといたくなってしまうのは猫が可愛すぎるからです。猫も結構、接客が上手です。人慣れしている猫が多いので、傍によってくる子が多く若い猫は遊んでほしくて、おもちゃをくわえて私の所へよってきてくれます。帰ろうとするともう帰っちゃうのと言う顔をします。可愛すぎですよね、そんな顔をされるともう少しいようかなと言う気持ちにさせられます。心を鬼にして、行こうとは思うのですがニャーンと言われてしまうと弱いですね。

まとめ

猫カフェに通い続けていると、お金はたまりません。ちょっと行き過ぎてしまい今は少し抑えています。今度時間が沢山あるときに、連続で行かれるように猫カフェ貯金をしようと思います。最近の猫カフェはどんどん進化していて、ペットホテルなどもついているのですよ、凄いですよね。飼っている人も楽しめる猫カフェ、これからはどんな進化があるのかとても楽しみですね。猫に気軽に会えるのでついつい長居をしてしまいます。どうにか程々にしていかないと駄目ですね。

最近挑戦していることをまとめてみる

大学を卒業して、社会人になってから始めた事があります。自分で勉強しなくてはいけなくなり、本や雑誌も読みましたが何か違う気がしていました。大人になると、どこかスクールに入らないと勉強する必要性がなくなります。皆さんは学生時代が終わったあとに何か始めたことはありますか。特別すごいことではなくてもいいのですが、少し大人になった気分になりたいと思い村上豊彦はこんなことを始めて見ました。ご紹介致します。

新聞をできるだけ毎日読む

大学を卒業してから、真剣に新聞を読むようになりました。学生の頃は、新聞を頼んでいなかったので読むも何もないのですが、毎日なにが起きているのかを知らなくてはいけないなと感じました。それに社会は私が思っているよりも面白いのかもしれないとも考える様になりました。新聞は、テレビでやるような内容だけではなく知恵袋みたいなものも載っているので勉強になります。言葉を知らない私は、新聞を読んで言葉を知りました。大学の頃は講義などで学ぶ事も多かったのですが、社会人になると知識を得る方法がネットになってしまっている自分に気づきました。これでは、何だかつまらないなと思い新聞を読むようになりました。本や雑誌よりも私の場合は新聞を読むほうが勉強になります。

スマホでゲームをやってみる

何か新しい事をはじめてみようと思い、スマホでゲームをしてみました。実は私、ゲームをしてしまうとずっとやってしまいそうで一度もやったことがありませんでした。意外だと、友人から言われるのですがスマホでゲーム絶対面白いけど自分の為にやらない様に決めていました。今回、初めてゲームをする事にしたのですが楽しいですね。しかも手元でどこでも出来るのは便利ですね。これは時間をしっかり決めてやらないと一日ずっとやり続けてしまいそうです。危険ですね。村上豊彦は単純なゲームが大好きです。子どもの頃はゲーム機が家にあり、学校から帰ってきて一日中やっていたのを覚えています。昔は母に怒られましたが、今は一人ですから怒る人もいません。外でもよくやっている人を見かけますが何となく気持ちが分かります。やめられないですよね。

1時間猫と一緒にウォーキングする

新しいことを始めるチャレンジはまだ続きますよ。今度は、猫とジョギングをすると言うのを考えてみました。と言うのも、私の友人が飼っている猫と散歩をしていると聞きました。友人にお願いして散歩につきあわせてもらいましたが、走るのは無理でした。ジョギングをしていると犬と走っている人を見かけます。羨ましいですね。猫と出来たら最高なのですが、猫は無理でした。猫は自分で好きに走るのは大好きですが、人に引っ張られて走るのは大の苦手です。そんな嫌なことさせられませんし、一緒に走るのであれば猫を抱っこしてあげて走る感じになります。それはちょっと意味がないので、ジョギングは一人で走る事にします。しかし、友人の猫は外で散歩をしています。凄いですね。

まとめ

いつもと違うことをすると疲れますね。何か新しい事を始めようと考えましたが今の自分のままで良いかなと思っています。新しいことをすると時間は掛かります。なので、簡単に出来る事で選んでもみましたが、どれも続ける気持ちにはなりませんね。私はスポーツならずっとやっていけるのですが、子どもの頃とかと違いゲームとかは長くやっていられませんね。初めは凄く楽しかったのですが、段々時間が勿体無いような気がしてしまい結局、途中でやめてしまいました。

留守中の猫の様子が知りたい!

飼い猫が家を留守にしている間、何をしているのかなと疑問に思った事はありませんか。そういった考えの人たちに為に家の中の様子を監視モニターを設置するだけで出掛け先でも見る事が出来るそうです。最新のものであれば、動作が広くなったのでどこにいても探す事が可能です。またマイクの機能も付いているので、愛猫などのペットに声を掛ける事が出来ます。他にも、活用方法等も分かりやすく説明出来ればいいなと思います。

村上豊彦が家にいないときの猫たちの様子

今は一人暮らしをしていて、猫を飼ってないのですが実家に暮らしていた頃にいた二匹の猫が誰もいない時に何をしているのか、様子が気になった事があります。実はこっそりカメラを設置して録画をしてみるとビックリ、何もしないで二匹自分の好きな所で寝ていました。何となく、凄いイタズラとか高い所にジャンプして大騒ぎをしているのかなと思っていたのですが残念。何とも見ごたえのない映像でした。猫の性格にもよりますが結構、やんちゃが好きな猫は飼い主さんがいないと大騒ぎしているそうですよ。皆さんも気になりませんか。家に自分がいない時、愛猫は何をして飼い主さんの帰りを待っているのでしょうか。そういう人達の為に監視モニターといういいものがあるそうですよ。

進化続ける監視モニター

猫も犬もその他の動物も、一緒に暮らせば大切な家族です。いつも一緒にいられるのならば安心ですが、仕事や買い物等、長時間家を留守にしなくてはいけない時は避けられません。そういう時に大活躍するのが、監視モニターです。監視モニターは飼い主さんがいない間でも人の目の代わりになって監視をしてくれます。パソコンなどからでも部屋の中の様子をリアルタイムで見ることが出来るのでペットが今何をしているのか、怪我などしていないかなど細やかな確認をする事が可能です。おまけに最新の監視モニターになると、動作の範囲が広がったので、どこにいても見えない所はないように思えます。マイクもついているので、寂しそうにしているときは声を掛ける事が出来ます。猫を飼った時は私も監視モニターつけてみたいです。

まとめ

監視モニターは猫や犬などのペットを飼っているご家庭には必要なアイテムだと思います。モニターの動く範囲が広がったものもあって、どこにいても探すことが出来るそうです。しかもマイクが付いているので、声を掛けることが出来ます。ペットのいる部屋の方にもマイクが付いているので遠くにいても鳴き声を聞こえ、安心できます。ペットを飼う人が増えた影響で監視モニターを家に設置する人も増えているそうです。私も猫を飼ったら取り付けたいなと思いました。

猫カフェを楽しむ方法

村上豊彦は猫カフェが大好きです。楽しみ方は人それぞれだと思いますが、常連になり、猫が慣れてきた頃が更に楽しいです。膝の上に乗ってきてくれると抱っこもさせてくれます。撫でさせてくれて傍で寝てくれると最高ですね。猫カフェを楽しむには、猫のペースに合わせる事が大切です。猫は無理矢理何かするのが嫌いなので、可愛いから急いで触ると驚いて離れてしまいます。じっくりと猫ペースでやっていくと、猫が自然と寄ってきてくれるのも嬉しいですね。

猫カフェとは

大好きな猫カフェ、皆さんにも猫カフェの良いところを知ってもらいたいですね。村上豊彦は常連なので、毎回通いたくなる理由を皆さんに少しお話しますね。まずは、猫カフェとは、簡単に話すと普通の喫茶店に猫がたくさんいて、猫が近づいて来てくれれば触る事も可能です。撫でてあげたり、抱っこをしたり、遊んであげる事も出来ます。自宅とは違いますがのんびりと過ごせる空間になっています。猫が大好きな人が集まる場所でもあるので皆さん静かに猫と触れ合って楽しんでいますよ。もちろん、人もお茶をする事が可能です。別料金になる所が多いのですが、猫におやつも食べさせてあげられます。早く仲良くなりたい時にはおやつは良いアイテムだと思います。

村上豊彦風!?猫カフェの楽しみ方

猫カフェは猫が沢山いて、触れ合うことが出来ます。村上豊彦流で猫カフェを楽しむとすればどんな感じなのか皆さんに紹介したいと思います。まず、常連なのでよくいる猫はすぐに近づいてきてくれます。常連の特権ですね。写真もすぐ撮りたくなってしまうのですが、まだ猫の緊張がほぐれていない場合は、顔の表情をよく見て、安心していると判断した時に写真を撮るのが良いです。沢山撫でて遊んであげると膝の上に自分から乗ってきてくれます。抱っこはこの後がいいと思います。関係性が出来ていない状態でいきなり抱っこをすると、猫にはストレスです。好かれたいのであれば、猫のペースに合わせてあげる事がポイントですね。特に村上豊彦流という訳でもなく普通のふれあいを紹介しているのですが、意外と猫に合わせるのって難しいものです。可愛いと大はしゃぎになってしまい猫ペースを忘れてしまいそうになります。平常心が大切ですね。

まとめ

村上豊彦は猫カフェに慣れていますが、初めて行く人はどんな所なのか不安だと思います。猫カフェは普通の喫茶店に猫が居て触れ合う事が出来ます。猫が慣れてくれば撫でる、遊ぶ、抱っこも出来る様になります。猫のペースに合わせてあげると嫌がらずに早めに仲良くなれます。だいぶ慣れた頃に可愛い猫写真が沢山撮れると思いますので慌てずに、ゆっくり仲良くなってくださいね。他にも雑誌や漫画が置いてある猫カフェもあるので、チェックしてみてください。

野良猫を家猫にする方法

家猫と野良猫は全然違います。野良猫だった子を家猫にするのは決して簡単ではありません。人との距離感や、人からご飯をもらった事はないです。寝る場所も違います、日々過ごす場所も違います。何もかもが違うのに家猫として過ごせる様になるのでしょうか。私も、子どもの頃子猫を拾った事がありますが、子猫の場合は親が傍にいるかも知れないので様子を見てからの方が良いと親に言われたのを覚えています。

野良猫と家猫の違い

村上豊彦の家にはまだ猫はいません。しかし、アパートの周辺には結構、野良猫がいます。最近は私の顔を見慣れていて何もしない人だとインプットされているみたいで、逃げなくなりました。ですが、距離はしっかり開いています。野良猫と家猫の違いは大体、猫が好きな人はご存知だと思いますが、一番は人になかなか懐かない所ではないでしょうか。野良猫は、体型も家で暮らしている猫より引き締まっていて筋肉があります。表情も違います。厳しい世界で暮らしている野良猫と違い、家猫はのんびりしている生活なので表情も柔らかい顔が多い印象です。野良猫は自分でご飯をとらなくてはいけないので、強くないと生きていけません。夜行性なので夜が基本的に活動時間になっていることも要因かもしれません。その点、家猫は飼い主さんが寝れば一緒に寝てしまいます。野良と家猫、全然違いますね。改めて書き出してみると真逆の人生だとわかります。

どうやって家猫にするの?

野良猫を拾ってきて、家猫にするというのは、実際に保護活動を主体としている団体の方が行っています。本当に難しい事だと思います。猫が好きな村上豊彦でさえ、出来ない気がしてしまいます。それぐらい根気のいる戦いになります。飼い猫から野良であれば、早めに家猫になれると思いますが、産まれてから野良で育って野良として成猫になると、その生き方しか知りません。それを家猫にするのは容易ではなく、大変な事です。それでも家猫にする場合、とにかく猫の警戒がなくなるまで近寄れないと思います。警戒が解かれてから今いる場所が安全な所なのか、家にいる人が何もしない人なのかを猫に印象つけなくてはいけません。絶対にダメなのは無理にさせようとする事。無理に行うと場所にも人にも警戒してさらに出てこなくなります。猫のペースに合わせてあげることが、野良から家猫にする近道だと思います。

まとめ

野良猫を家猫にするのは、簡単なことではありません。それでも家猫にするのであれば猫の様子をよくみて警戒を解くまでは人が近づくのも気をつけた方がいいです。無理に可愛がろうとすると、余計猫は嫌がるので猫のペースに合わせて気長に待ってあげる事が大切です。時間はかかると思いますが、頑張ることが大切です。村上豊彦も子どもの頃に子猫を拾ってきたことがありました。しかし、子猫は親猫が傍にいるかもしれないので少し様子をみて拾いましょう。

村上豊彦です。猫たちのたまり場を再訪します

村上豊彦です。猫たちのたまり場を再訪します

猫好きの村上豊彦です。
用事の後、これからちょっと寄り道して猫たちのたまり場をのぞいてきます。
今日行くのは、とある繁華街の裏にあるビルの裏口階段。
ここは日当たりが良く、猫たちが何匹もゴロゴロしていることがあります。
僕が最初にこの場所を見つけたのはバイトの面接に訪れた時。
バイト自体はちょっと雰囲気とか力仕事的なところとか、僕にはついていけない感じだったのでお断りしたのですが、猫好きの勘でしょうか、帰りがけにビルの裏手に回ると、やはりそこにはきれいな野良猫達が四匹いました。
みんな大きくなりかけた子猫で、兄弟なのか白猫ばかりでした。
雨や風もかかりにくい場所で、陽射しだけはぽかぽかと浴びられる、車や人通りがやかましくないという理想的な場所。
ビル内の店員さんがあげたのでしょうか。
キャットフードや水も置いてありました。
今日は僕も猫のおやつをポケットに忍ばせていて、「元気かい。
久しぶりだね。
僕だよ。
村上豊彦だよ。
」と言ってかわいがってあげようと思います。