猫って生き物の中で一番可愛い

猫って生き物の中で一番可愛い

初めての方もそうでない方もこんにちは、私は村上豊彦と申します。
どこにでもいる猫好きの大学生で、自宅でも猫を飼っています。
自分で言うのもなんですが、自分の家の猫が一番可愛いと思うのです。
といいますか、猫と言う生き物は生物の中で一番可愛いのではないかと思っています。
丸くて愛らしいフォルム、顔の比率に関しては人間の赤ちゃんとほぼ同じで、人間がかわいいと思いやすい比率だと言われています。
そんな猫の魅力にとりつかれている村上豊彦ですが、自宅の猫は私が名前を呼ぶと返事をしたりご飯の時間が近づくと餌を入れているお皿の近くに座ってソワソワしたりするのです。
まるで言葉や時間を理解している様なのです。
真夜中に起こしたり、村上豊彦は運動会と呼んでいるのですが夜中にバタバタと走り回ったりと時折私を困らせる事はありますが、それを全部ひっくるめても一番可愛いと思うのです。
そんな事を言っていると早く自宅の猫と遊びたくなってきました。

最近のマイブーム

最近のマイブーム

私、村上豊彦には幾つかの趣味があります。
たとえば、サッカーや読書、そして猫の観察。
サークルに所属しているメンバーと一緒に汗を流すサッカーはもちろん、一人でゆったりと過ごしながら、猫と戯れたり読書をするという静かな時間もなかなかいいものです。
しかし、それだけではありません。
猫についてひたすら情報を収集しています。
情報を収集するだけでなく猫写真にもはまっています。
さて、近頃のマイブームの猫の写真を見ることですが、最近ではプロの写真家さんの可愛い猫写真だけではなく、写真を主体としたSNSにアップされる写真を見るのもいいものだと思っています。
素人写真と侮ることなかれ、プロ顔負けの可愛い猫たちの姿、これしかないという瞬間を切り取った写真が少なからずあります。
もちろん、プロの写真家さんが撮影する猫写真のクオリティは非常に高いものですが、世界中のネコ好きたちが上げる写真にも、それに負けないぐらいの説得力があります。
おそらく、これが猫愛なんでしょうね。
……猫写真を見て日々癒される村上豊彦でした。

猫の爪きりの仕方を村上豊彦が伝授

猫の爪きりの仕方を村上豊彦が伝授

ねこ好きな村上豊彦です。
猫の爪って、外猫はアスファルトやブロックなど、固いところを歩いているので、爪の減りが早いのですが、家猫は外に出していない場合、爪の伸びが早いです。
またたび入りつめとぎなんていうものがペットショップに売っているので、家に置いておくと、気ままに猫は爪とぎをしていますが、それでも爪は減りません。
そのため、猫用の爪切りで爪を切ってあげることになります。
猫は爪きりが嫌いなので、結構気合を入れて飼い主もとりかからないと、興奮した猫ちゃんに引っかかれたりケガをする羽目になります。
村上豊彦流の爪切りのやり方は、飼い主があぐらをかいた状態になった上に厚手のバスタオルをひきます。
その上に猫ちゃんを寝かせて、飼い主さんの足で猫の身体を挟みます。
猫の片手を開いた状態にして、ぱちんと切るスタイルです。
両方の前足を一気に切りたいところですが、猫ちゃんの機嫌によっては片手だけで諦めることもあります。
猫の爪は厚いので、一気にぱちんと切ることが大切です。

私、村上豊彦はバイトリーダーになりました

私、村上豊彦はバイトリーダーになりました

みなさんは私、村上豊彦の事を御存知でしょうか。
私、村上豊彦は現在、都内に住み都内の大学に通う学生で、とにかく猫が大好き。
またサッカーも大好きで、小学生の時から始めて今も続けていますよ。
日本はもちろん海外の有名リーグ戦も大好きで、それこそワールドカップが始まったら、愛する猫ちゃんといっしょにテレビの前から動かなくなるでしょう。
「サッカーと猫と言えば村上豊彦です」と自分でも公言しています。
その私も現在は就職活動中で多忙な毎日です。
厳しい就活ですが、その間を縫って、ある有名なお肉屋さんでアルバイトをしております。
一生懸命に働いた結果、この度バイトリーダーに昇進しました。
今では他の店員から「リーダー」と呼ばれていて、ちょっぴり鼻が高いかな。
大学を卒業するまで頑張って続けるつもりです。
そして私のオススメのカフェが横浜にあります。
猫、サッカーが好きで、カフェに興味のある方、いろいろな情報がありますので連絡をお待ちしています。

村上豊彦は猫好きに共感できるブログを書いています

村上豊彦は猫好きに共感できるブログを書いています

猫が好きすぎて猫ブログを作ってしまった村上豊彦です。
大学の講義よりも学食よりも大学の敷地内にうろついている野良猫のことが気になって仕方がない学生です。
自分の家でも猫を飼っていますが、勉強しててものっそりやってきてノートに腰を落ち着けてしまう猫の俺様的立ち位置がたまらなく愛おしいのです。
明日までに提出しなければならないレポートなんてどうでもよくなるくらいです。
そんな猫好きの村上豊彦もちょっと驚いた新商品があります。
なんと肉球風の香りがする保湿クリームが発売されているようです。
あの可愛くてぷにぷにの肉球の香りとはどんなものか知りたくてすかさずうちの猫の肉球を嗅いで見ました。
うーん、香ばしい感じ。
決して嫌なにおいじゃない。
この保湿クリームを塗るたびに家にいなくても猫がそばにいる気がしてくるのかもしれないと猫好きの名に懸けてとりあえずインターネットで注文してみることにしました。
届いたら感想を交えて紹介しますね。

猫と共に生き、猫を知り尽くす私・村上豊彦です

猫と共に生き、猫を知り尽くす私・村上豊彦です

みなさんは「村上豊彦の猫好きブログ」を御覧になった事があるでしょうか。
そのブログを手掛ける私・村上豊彦は、都内在住で、都内の大学に通う学生です。
とにかく猫が大好きで、近所を歩いている猫たちとは大の仲良し、また、近所で野良猫が集まるスポットも知ってますよ。
私の猫好きは子供の頃に始まり、今ももちろん猫を飼っています。
さらに私の部屋は、猫の本や図鑑、猫の登場して来る小説や、様々なグッズが所狭しと並べられ「三度の飯よりも猫が好きだ」と大きな声で言いましょう。
私はただ猫が好きなだけではなく、猫への正しい近づき方、猫との遊び方、猫の正しい飼い方、猫にあげていい食べ物とあげてはいけない食べ物など、自分でこう言っては何ですが、猫の専門家と言ってもいいくらいの知識やマナーを心掛けています。
そして私が通う大学のキャンパス内にも猫が数匹いるのです。
こうなると私が猫に近づく前に、猫が私に近づくようになっております。
猫好きの方はぜひ私と交流してみませんか。
猫を飼っている方なら生涯の仲間になれるかもしれませんし、飼っている猫や気になる猫の話で思い切り盛り上がりましょう。

猫に会える場所はここ

猫に会える場所はここ

こんにちは、村上豊彦です。
大学生として勉学に励んでいますが、それ以外は猫に費やす日々を送っています。
さて最近、猫好きな人がちまたに増えてきている気がします。
それを裏付けるように、最近のデータでは猫を飼う人が犬を飼っている人とほぼ同等になったそうです。
書店に行けば多くの写真集が、インターネットを調べればたくさんの写真や動画が上がっています。
僕が思うに、確実に猫需要が増えていると感じています。
今回は「猫は好きだけれど飼えない、飼っていない人が猫に触れられる場所」をご紹介したいと思います。
東京都内で身近に行けそうな場所は猫カフェ。
時間制限無しや、飲み放題のドリンクバー、wifi環境があったりとそれぞれのお店で特徴があります。
ちょっと足を伸ばして旅行として出かけるのであれば「猫島」がオススメです。
こちらは特定の島を指すのではなく、島全体が人口に匹敵するほどの猫の数が多い、猫天国です。
私、村上豊彦も来月、猫島に行く予定です。
今からとても楽しみです。

念願の猫との生活の中で学んだ事

念願の猫との生活の中で学んだ事

猫はペットとして人気があります。
犬好きな人と猫好きな人と分かれると思います。
ですが、私、村上豊彦は断然に猫派です。
世界には多くの猫がいます。
しかも、猫の種類はなんと300種類もいるのです。
最近では、一人暮らしで猫を飼うのが目立っているのです。
私、村上豊彦が猫を飼って学んだ事がいくつかあります。
飼いやすい猫の選び方が分かりました。
大人しいので近所にあまり迷惑がかからない事。
性格が大らかです。
抜け毛が少ない事。
しつけのしやすい事です。
猫は性格や運動量が種類によって違う事などです。
猫らしい自由できままで甘えたりしてくれるのでとても癒しの存在です。
早く家に帰りたくなります。
帰るとドアの前で出迎えてくれます。
比較的、猫は散歩させなくても良いので朝もゆっくりと出来ます。
犬と同じように人によくなつきます。
猫は非常に平衡感覚に優れていて、体の柔軟性と瞬発力が高い体をしています。
しなやかで美しい動きです。
また、体臭も少ないのです。

習慣付けたい「猫バンバン」

習慣付けたい「猫バンバン」

こんにちは。
ネコソムリエの資格があるなら取得したい程ネコ好きな村上豊彦です。
冬のネコは寒さに耐えるために餌をたくさん食べてまん丸になって可愛いですよね。
大学付近にもたまに野良猫がいるのでよく観察してます。
冬のネコは車を止めた時のエンジンの暖かさにつられて、エンジンルームやボンネットなど車の中に入ってしまう事があるらしく。
そうすると気付かず車を発進させるとネコがとんでもない事故に巻き込まれます。
車に乗る人は、人が来た事をネコに知らせるためにボンネットなどをバンバンと叩いてネコを外に出してくださいね!これを「猫バンバン」というそうです!私村上豊彦も車通勤の大学の教授たちに言いたいのですが、なかなか勇気がなく、こうしてブログで呼びかけている次第です。
ネコは寒がりですよね。
僕もですが、ネコが不慮の事故に合うのは辛い事です。
また、車のドライバーも気分が凹みますから、是非、習慣付けて下さいね!以上村上豊彦からのお願いでした。

村上豊彦さんの日常は釣りとともに

村上豊彦さんの日常は釣りとともに

村上豊彦さんは堅実に仕事をして、40歳になると共に昇進して管理職になったサラリーマンです。

そんな彼は、堅実な仕事振りから充実した仕事の日々を送っていると言えますが、実はプライベートにおいてもかなり充実していると言えます。

彼はプライベートでは、趣味の釣りを楽しむことで、うまく充実させています。

釣りというのは、大人の男がやっても恥ずかしくない趣味なため堂々と遊ぶことができますし、道具を揃えるためにお金はかかりますが、一度道具さえ揃えば経費はそれほどかからない、意外と魅力の多い趣味です。

それに、釣りというのはゆっくりするのに持ってこいの趣味なため、每日が忙しい村上豊彦さんにとって非常にありがたいものです。

もちろん釣れれば嬉しいですが、ただ釣り糸を垂らしてボケっとしているだけでも、良い気分転換になるものです。

そんな釣りというプライベートを通してうまく気分転換することで、日常の仕事に対する不満だってうまく流すことができるようになるため、良いことばかりなのです。