猫スペースと私のスペース

猫スペースと私のスペース

猫に寝床を取られてから、一緒になって寝るようにしています。

猫が寝静まったときに本来寝るべき場所に帰したり寝る場所を移したりしていますが、残念ながら効果はありませんでした。

私のベッドの何が気に入ったのか、今まで見向きもしなかったのに何が起こったのでしょうか。

猫は気ままな生き物です。女の子のように好きなものや嫌いなものがよく入れ替わるのかもしれません。

今はこうやって私と猫とのスペースが4:6になるようにしています。
なぜ体の大きい私のほうが狭いスペースなのかといいますと、あまり近くによるとパンチを食らうからです。

寝るときは誰にも邪魔されたくないのか、周囲20センチには近づくなと言わんばかりに警戒されます。

睡眠で意識が落ちているだろうと思っていたのに、猫の敏感さには恐ろしいものを感じます。

デリケートな部分を傷つけないよう、少し離れて寝るようにしているのです。
いつになれば、元の寝床に戻るのでしょうか。

村上豊彦のスペース、もう少しほしいかな。

寝床を失った村上豊彦・・

寝床を失った村上豊彦・・

7月になり、暑さが続くようになりました。
クーラーも設定温度は高めですがつけるようになり、毎晩快適な日々を過ごすようになっています。

しかし、事件は起きました。
私の寝床を、うちの猫に取られてしまったのです。

確かに、ひんやりするマットを購入したので熱がこもらないから気持ち良いというのは分かります。

でもど真ん中で寝てくれるもんだから、無理にどけるわけにもいきません。
疲れて帰ってきたときに、寝てくれるとなんか悲しくなってきますね。

怒るわけにもいかないし、暑いのは猫だって一緒です。
クーラーの風がよく来る場所でもあるので、味をしめたのでしょう。

かといっていつまでも居座らせるわけにもいかないので、猫の寝床を私の寝床近くに移動させようと思います。

今まではクーラーの風が負担にならないよう風が来ないようなところに置いていました。
少し心配ではあるけれど、その分ケアもしっかりやろうと思っています。

明日から早速ぷち引っ越し作業始めていきましょうか。

いつの日も、サンセットは美しい

一日の中で一番好きな時間は何ですか?私はそうですね・・やはり猫と一緒にいることでしょうね。

一日中家にいる時は猫の傍にいるのですが、どうしても外に出なきゃいけないこともあります。

その時は、「ちゃんとお留守番できるだろうか」と不安になってくるんです。

いつも部屋の隅で寝ているだけなので大丈夫なのですが、やっぱり心配になります。だから外に出る用事があるときは、おやつを用意するようにしています。

ペットショップで買ってくるものですが、最近は「ご主人が外にいく=おやつがもらえる」と猫も覚えてくれたようで私が家に入った瞬間に猫が玄関の前でスタンバイしています。

おやつを楽しみにしているということはまだまだ元気な証拠なのでしょう。

おやつを食べ終わらせたら、ベランダに出て夕暮れの景色を眺めます。前にも書いたような気がするんですが、家から見える景色は本当にお気に入りでいつでも眺めたくなってしまいます。

夕暮れを眺めている瞬間が、最高の贅沢な時間の過ごし方だと思っています。

皆さんはどんな過ごし方が一番幸せだと感じるのでしょうね。ちょっと気になってきました。

猫をなでなで、楽しいね

ここ2、3日、家に引きこもっていました。とある作業があったためですが、ずっと家にいてカーテンをしていると「今何時なのか」「外はどうなっているのか」といったことを考えてしまいます。

塀の中に入れられたような気がして、どれくらい時間がたったのかも分からずに過ごすのってある意味地獄ですよね。

引きこもりの人たちってこんな生活していて大丈夫なのかな、と少し心配になってしまいます。そういえば、猫ってずっと家にいますよね。

猫もある意味引きこもり生活みたいな感じで過ごしているでしょうが、平気なのでしょうか。うちの猫は何も変わっていません。

お腹が空けばニャーと鳴き、なでてほしい時はひざの上に座ってきます。

そんな猫をなでなでしていると作業もはかどるし、楽しい気分になってきます。猫がいなかったら、さみしく一人で退屈な作業をしないといけないんでしょうね。

猫にとっては私の作業なんてどんなものか理解できないと思いますが、大変そうな所はちゃんと見ているようです。

普段は毎日傍にいるのに、少し距離を置いているような気がしました。実に空気を読めるナイスな子です。今日は作業が終わったので、窓を開放して空気の入れ替えを行っています。

猫にもかわいそうな思いをさせたので、外に連れ出してひなたぼっこさせてあげたいですね。

窓の外を眺めていると

うちには良い景色が眺められるベランダがあります。

開けた土地なのか、街並みも自然も見えるとても良い場所です。私は猫と一緒に景色を眺める、という習慣があります。

元々は猫がよくベランダに出掛けるので何事かなと思っていましたが、ただ単にこの景色が気に入っていただけのように感じました。

村上豊彦も子どものころからこの景色が好きでした。涼しい季節の時は持ち運びできるテーブルを持っていって、宿題や読書を行っていたもんです。

今の時期は暑いから真昼は難しいかもしれないけど、夕方あたりはまだ涼しいし日が沈む様子も見られるので、時間のある時は猫を連れて日暮れまで眺めるようにしています。

体と心の休息になるし、本当に気持ちがいいです。今いる猫とあと何回、この景色をみることができるでしょうか。

夜になったので、そろそろ猫を戻すとします。猫の方も「お腹が空いた」と私にご飯の催促をされます。

さて、今日はおいしいご飯をごちそうしてあげようかな。

村上豊彦のこれからと猫の未来

毎日を過ごしていると、たまに村上豊彦のこれからについて考えることがあります。

キャリアのこととか老後のこととか。自分にとってはまだまだ遠い未来の話かもしれませんが、すぐ近くにあるような気がして、なんか考えなきゃいけないなって思ってしまうんです。私の飼い猫も同じです。

人と猫の寿命は違うけど、猫にだって未来を考えていることはあるでしょう。

猫生?というのですか、「この人間(飼い主)とあとどれくらい生きられるかな」「これからいつ子どもを作ろうかな」みたいなこと、考えてるに違いありません。

私と猫が歳をとるたびに、お別れの時が近づいている。あまり考えたくはありませんが、この事実を変えることはできません。

だから今こうして一緒にいる時に、できるだけ楽しいことをしてあげようって思うんです。

少し遊びがいのあるおもちゃを買ってやって遊ばせてあげたり、たまにおいしいおやつを買ってあげたり。

これからのことを考えるのは不安でもありますが、希望を持つことだってできるような気がすると思います。

ペットを飼うもの同士の交流

ペットを飼っているものほど、会話が楽しいことはありません。

この前、ペットを飼うもの同士でお話をする機会があり、参加してきました。

飼っている種類は自分と同じ猫だったり犬だったり、小動物や爬虫類を飼っている人もいました。

動物によってえさのやり方や育て方は異なりますが、共通しているのは「みんな生き物が大好きだ」ということです。

私は猫以外の動物を飼ったことがありませんが、交流を通して様々な家庭のペット事情を知ることができました。

毎日散歩が欠かせなかったり、お風呂が大好きだったり(うちの子はお風呂が苦手なのでうらやましい)、水槽の入れ替えやえさをやるタイミングに気をつけたりと動物を育てるのって本当に大変ですよね。

猫も家にずっとにいる分他の動物と比べると楽ではありますが、結構気ままに動くので本心がよくわかりません。

それを分かってあげるのが飼い主の仕事なんでしょうが、女心と猫心は理解しがたいものですね。

また交流できる機会があればぜひ参加したいです。

私、村上豊彦の家には、年老いたねこが私の帰りを待っています

私、村上豊彦の家には、年老いたねこが私の帰りを待っています

私がネコを好きになったのは、いつの頃だったかなぁ。
物ごころついた時には、もう私のそばにはネコがいました。
お母さんに聞くと、私がハイハイが下手くそだからと思ったのか、うちのネコちゃんがほふく前進をして、こうするんですよと誇らしげに、私に教えていたらしいって聞いて私、村上豊彦は参りましたと両手を挙げました。
家族でいつも話題に上がるのは、私とネコの話しで、これまた事欠きません。
いつも仲の良い兄弟のように一人と一匹が二人で、ゴロゴロとしていたようです。
最近ではネコちゃんが年を取ってしまって、いつも一人で昼寝ばかりしています。
いまでは私も大学生になり、家に帰るのが遅くて一人ぼっちになる事が増えています。
年老いたネコが寂しくならないように、なるべく早く帰ってあげようと心掛けています。
私、村上豊彦は愛すべきネコが一人で亡くなるのだけは避けたいです。
あともう少しでも良いから、いっしょにいてあげたいと思います。

猫との出会いで村上豊彦の生活が変わりました

猫との出会いで村上豊彦の生活が変わりました

ペットを飼う人が沢山増えてきました。
珍しいペットも最近は人気がありますが、やはり王道なのが犬か猫になります。
私、村上豊彦は、特に動物の中でも猫が好きなのですが、様々な事情がありペットを飼う事が中々出来ませんでした。
ようやく飼える環境が整いました。
猫の良い魅力は、なんと言ってもあのしなやかな動きとツンデレな仕草に癒されます。
散歩をさせる事もないので飼いやすい事も人気の一つでもあります。
トイレのしつけをするくらいで良いです。
鳴く事はあまりないです。
どんな猫を飼うか迷っていましたが、知人から動物保護施設の事を聞きました。
一匹でも多くの命を救う事になるならと、子猫を引き取りました。
ですが、村上豊彦自身猫好きと言っても猫との生活は初めてです。
小さいながらも人を怖がっていたので、中々上手く行きませんでした。
徐々に距離を縮める事でいつしかお互いに信頼感が生まれました。
不摂生だった生活が一遍して規則正しい生活を送るようになりました。
猫との出会いにより毎日がとても楽しく愛おしい存在になり、自身の健康にも気を使うようになりました。

村上豊彦の猫愛溢れる写真

村上豊彦の猫愛溢れる写真

私、村上豊彦にとって今の日本で起こっている空前の猫ブームは非常にうれしいものです。
書店には猫の写真集やカレンダーが数多くあり、猫カフェも様々な種類の店舗が増えています。
また、テレビ番組での猫をメインにした特集が組まれたり、猫好きな芸能人が集まってのバラエティ番組があったりと、メディアにも多く取り上げられています。
先日みたバラエティ番組では猫好きには「あるある!」と共感できるような企画をやっていました。
たとえば、猫と一緒に写真をとれるかという挑戦ですが、猫は警戒心が強く、人が近づくとすぐに逃げてしまうことが多いので、なかなか一緒に2ショット写真はとれません。
ですから私たちのような猫好きは猫単体の写真はよく撮りますが、一緒に2ショット写真を撮ることはほぼないのです。
そもそもすぐに逃げてしまうので、一緒に写ろうという発想がないかもしれません。
その番組をみているうちに、村上豊彦の猫愛を証明するためにも一つバッチリ2ショット写真を撮ってみたいなと思いました。